スタッフブログ

NPOのためのノウハウを学ぼう!「ファンドレイジングセミナー」を実施しました

2017年12月15日

平成29年12月6日(水)14:00から

ライフパル1階フリースペースにて大分県の支援センターである

おおいたボランティア・NPOセンターと初の合同開催

NPOのためのノウハウを学ぼう!『ファンドレイジングセミナー』を実施しました。

 

セミナーは2部構成で、第1部は『ファンドレイジング入門~善意の資金の集め方~』

としまして、ファンドレイジング・ラボ代表の徳永洋子さんを講師にお招きして講演会と

セミナーで得た知識等を実際に募金活動をやってみるという体験付きでした。

 

ファンドレイジングのいちばんの基本は寄付集めですが、いかに相手に感謝の意を述べ

共感してくれるかがポイントです。

その後の街頭募金のために、エレベータートークで団体として伝えたいことをまとめました。

 

「12月は寄付月間です。社会貢献や地域の活性化の活動をしているNPOへご協力下さ~い!」

とみんなで声をあげてデパート前を歩く市民によびかけました。反応はまあまあでした。

 

 

第2部は今注目のファンドレイジングのかたち、”クラウドファンディング”について

3団体の方から事例発表をしていただきました。

まずは立命館アジア太平洋大学の『学生サークルMIRAIE』の福田さん。

実際にCANPFIREからクラウドファンディングのコンサル支援の業務を受けて

学生サークルや市民団体の支援を行っていることと、クラウドファンディングについての

話をしていただきました。

 

次に竹田市から『NPO法人竹田キリシタン未来計画』副事務局長の薮内さんから

竹田キリシタン資料館開設時でのクラウドファンディングの活用について、

最後に大分市野津原の限界集落で交流施設『コミュニティレストラン森のごはんや』の小野さんから

コンセプトから建設に至る経緯のなかでクラウドファンディングへの取り組みをわかりやすく

説明していただきました。

その後の意見交換では「リターンでのトラブルはないのか?」「学生が行うリスクは?」

「お金欲しさと思われず、どう訴えたらいいのか?」「どのクラウドファンディングを選べばいいの?」

などいろんな質問が出て、丁寧に3人からお答えいただきました。

いまは様々な利用者ニーズに合わせたメニューがありますが、3人とも口をそろえて

「ぜひ!活用しましょう」とおっしゃってくれました。

参加者の士気が上がったと思います。各団体の運営が少しでも良くなるとよいです。

 

スタッフブログ
2017年度
2016年度
2015年度
© Copyright 2004 Life Pal All rights Reserved